前へ
次へ

賃貸マンションを契約する時に必要な書類とは

賃貸マンションの契約をする時は家電製品等を買うのとは異なり、書類が必要になります。先ず必要になるのが住民票であり、何処の誰なのかを証明する事が必要です。住民票は現在住んでいる場所の役所を利用すれば用意できるので、各自でしっかり役所に出向く事が大切になります。更に印鑑証明も必要になりますし、保証人に関する書類も提出する事が求められます。また賃貸マンションの契約時に重要な存在になるのが源泉徴収や確定申告書等の存在です。しっかりとした所得がある方しか、そもそも賃貸マンションを契約するのは難しいですから、どの程度の所得があるのかを、確認されます。ただ物件によっては保証人が必要ないケースもあるので、必要書類が少なくなる事もあります。基本的には不動産会社側が提示した必要書類を提出する事が必要になりますから、その都度要求された物を各自で集めて提出すれば問題ありません。会社員で一定の収入があれば簡単に入居する事ができますが、フリーランスの場合は少し契約までに時間が掛かる事があるので、覚悟が必要です。

Page Top